総合電話サポート(年間契約:月額料金)

総合電話サポート
SKU
tel_support
¥110,000 ¥100,000
総合電話サポート

Mangeo Extension 利用規約

本利用規約は、ソフトウェアの使用を許諾された法人または個人のお客様と、日本の法人である株式会社パブリックデザイン(以下「パブリックデザイン」といいます)との利用契約(以下「本契約」といいます)における条件を定めるものです。本利用規約はパブリックデザインが提供する全てのソフトウェア製品(以下総称して「本ソフトウェア」といいます)に適用されます。ただし、本契約を締結できる個人は、消費者としてではなく、商用・非商用にかかわらず、本ソフトウェアを自己の業務のために使用する個人に限るものとします。またお客様が個人として本ソフトウェアの使用および本契約の締結をパブリックデザインに申し込む場合、その時点で、本ソフトウェアを自己の業務のために使用することを表明したものとみなします。
パブリックデザインが別の使用許諾書を提示し、締結しない限り、お客様が本ソフトウェアの全部または一部を使用することにより、本ソフトウェアの使用契約およびその条件をお客様が同意したものとみなします。

ライセンス
1. ライセンス
パブリックデザインは、お客様に、本ソフトウェアを使用するための非独占的、サブライセンス不可かつ譲渡不能なライセンスをお客様に付与します。
お客様は、本利用規約に基づいて明示的に付与された本ソフトウェアに関する以下の権利のみを有します。

(ア) ライセンス
非独占的、サブライセンス不可かつ譲渡不可の、本ソフトウェアを使用するためのライセンス
(イ) インストール数
商用・非商用にかかわらず、弊社に申告した単一のMagentoインストール環境で利用する許諾
(ウ) 前提条件
本ライセンスの権利は、ライセンス料がパブリックデザインに納入された後に有効となります。このソフトウェアはパブリックデザインがライセンスを保持しており、それにお客様は同意します。
(エ) 制限
本利用規約に基づいて使用を許諾された本ソフトウェアは複製版であり、販売されることなくライセンスされています。お客様は複製版の所有権またはソフトウェアそのものや所有権を有しません。さらに、お客様は、上記1の(ア)で明示的に付与された権利以外のいかなる権利もお客様に付与されません。
また、お客様は、下記の禁止事項記載の事項を行わないものとします。

禁止事項
・商用・非商用にかかわらず単一のMagentoへの設置かつ本ソフトウェアの通常の使用によって生じる業務上必要な派生物を除いて、本ソフフトウェアの派生物をつくること
・本ソフトウェアまたはその複製物もしくは派生物(以下「本ソフトウェア等」といいます)の配布、公衆送信、または再ライセンスすること。
・本ソフトウェア等またはそれらの一部をタイムシェアリング、ホスティング、それらに類似した目的、または、他の方法で第三者に利用させること。ただし、本項はお客様が、お客様の顧客に提供する自社製品の一部として、本ソフトウェアを使用する権利を制限するものでありません。
・商用・非商用にかかわらず単一のMagentoへの設置かつ業務上必要な場合を除いて本ソフトウェアをリバースエンジニアリング(逆コンパイル、逆アセンブル、もしくは他の方法を問わない)または、これらリバースエンジニアリングの成果を利用して派生物を制作すること。
・本ソフトウェア等を公衆ネットワークを介して、閲覧・コピーまたはダウンロードするために、ソースコード(スタイルシート、javascript、画像を除く)にアクセスできるように、公にアクセス可能なリポジトリに、本ソフトウェア等をおくこと。
・本ソフトウェア等を、第三者への譲渡、販売、サブライセンス、賃貸、リースまたは頒布すること
・本ソフトウェア等の修正、誤りの訂正、翻訳(他のプログラム言語もしくは環境への翻訳を含む)、または派生的著作物の作成(ただし本ソフトウェアの通常の使用によって生じる業務上必要な派生物を除く)、Magento以外のソフトウェアへの組み込み
・本ソフトウェア、付属ファイルまたは付属ドキュメントに表示された所有権、著作権またはその他の権利表示の削除または変更
・本ソフトウェアの複数のコピーを一つのMagento製品にインストールすること
・本ソフトウェア等がインストールまたは格納されているデバイスを販売または譲渡すること
・本ソフトウェア等を、違法もしくは公序良俗に反する目的で使用すること、または第三者に損害を与える目的もしくは方法で使用すること

上記の制限事項に対する例外
・一般からのアクセス経路を提供しない場合に限り、ソフトウェアバージョンシステム(SVN、GIT、または類するもの)を介して本ソフトウェアを利用できます。
・負荷分散のため複数サーバーで構成されたMagentoをインストールしている場合、そのMagentoは単一のインストールとみなされます。
・単一のMagento製品の製造に加えて、開発および/またはステージングMagento環境に本ソフトウェアをインストールすることができます。

手数料と支払い

2. 料金
お客様は、https://magestore.jp/ のWebサイトのうち各商品説明ページまたは、パブリックデザインが指定するページへの記載にしたがって、または当事者間での別段の合意にしたがって、本ソフトウェアのライセンスおよびその他のサービスの対価としてのライセンス料(以下「ライセンス料」といいます))を事前に支払うものとします。
ライセンス料については、本規約に明示的に定められた場合を除き、本契約が解除された場合も含め、お客様はいかなる理由があっても返金を求めることができないものとします。

3. 支払い
ライセンス料は、本ソフトウェアをダウンロードする前に支払わなければなりません。
本契約に基づくお客様によるその他の支払いは、それぞれの請求書の日付から30日以内に行われるものとします。(ソフトウェアが1つ以上のMagentoに使用される場合の追加ライセンス料の支払いまたはペナルティの支払いを含む)

4. 著作権および他の権利の帰属
本ソフトウェアには著作権で保護されたプログラム(実行形式、中間形式、ソースコードを問わない)、画面デザインを含むデザイン、画像その他の素材、データベース、付属ドキュメント、関連マニュアルを含む文書、その他の資料(以下総称して「関係著作物」といいます)が含まれています。
パブリックデザインは、関係著作物を含む本ソフトウェアおよびパブリックデザインが行うそのバージョンアップに関するすべての権利、権原、および利益を独占的に保持し、本契約によりお客様に明示的に許諾した権利を除くすべての権利は、パブリックデザインに留保されています。これら権利には、著作権、著作者人格権、特許権・実用新案権を含む発明・考案に関する権利、商標権、アイデアやアルゴリズムに関する権利、技術ノウハウもしくは営業秘密を使用する権利、ならびに、意匠権を含むデザインに関する権利が含まれます。
お客様は、関係著作物を、本規約にしたがって本ソフトウェアを使用する目的および範囲を超えて使用することはできず、本ソフトウェアと切り離して使用することはできません。

5. 機密保持
関係著作物を含む本ソフトウェアに含まれる情報であって不特定多数人に公開されていないもの(「機密情報」の記載または指定の有無を問わない)、およびパブリックデザインが提供し「機密情報」として記載または指定されているその他の情報は、パブリックデザインの機密情報(以下「機密情報」といいます)とします。
お客様は、事前にパブリックデザインの書面による同意を得ることなく、第三者に機密情報を公開、開示、漏えいまたは提供する権利を有さず、本規約にしたがって本ソフトウェアを使用するために必要な場合かつ必要な範囲を除き、機密情報を使用しません。
また、お客様は、機密情報につき、自身の秘密情報と同程度の注意義務をもって機密情報を管理し保護しなければなりません。

例外
機密情報には、(i)開示の前から公知であった情報、または開示の後に、お客様の責に帰すべき事由の結果を除き、公知となった情報、または(ii)パブリックデザインによる書面による承認を受けている情報は含まれません。

差止命令
お客様は、本条に違反して機密情報の開示、漏えい、使用または他の違反が生じた場合、金銭的損害に対する補償があったとしても、本項の違反がパブリックデザインに回復不能な損害を引き起こすことを承知し、その場合、パブリックデザインは、そのような違反または侵害に対して、実際の損害の証明を要さずに、当該違反行為に対して差止請求、予防措置の請求、および違反の結果の回復措置の請求を求める権利を有するほか、保証金その他の担保を要さず、これらの請求を、仮処分その他の民事保全手続においてなす権利があります。

契約の終了と返却
機密情報に関して、この本条の義務は、開示日から10年後に終了するものとします。
本契約が終了すると、受領者は機密情報を回復不能な方法で消去し、その消去を書面で証明するものとします。

権利の保持
本契約によって、パブリックデザインは、機密情報の所有権もしくは他の何らの権利をも譲渡したり、ライセンスを許諾するものではありません。
パブリックデザインは、すべての機密情報に対するすべての権利、権原、および利益を保持します。

6. 保証
非保証に関する限定
本ソフトウェアは「現状有姿」の状態でお客様に提供されます。本ソフトウェアに関しては、以下の事項は何ら保証されず、お客様はそのことを認識し、同意するものとします。
(a) 本ソフトウェアの使用が中断されないこと、ならびに、エラー、バグ、不具合、速度低下、処理遅延、およびその他の瑕疵もしくは不具合がないこと
(b) 本ソフトウェアの不具合またはバグについて、直ちに修正がなされること
(c) 本ソフトウェアの信頼性、正確性、完全性、有効性等
(d) 本ソフトウェアについてセキュリティ上の欠陥がないこと、または当該欠陥につき直ちに修正がなされること
(e) 本ソフトウェアにつき、お客様が使用するハードウェア、OS、ミドルウェア、または通信環境を含む環境と相性上の不具合が生じないこと
(f) 何らのエラーも本ソフトウェアから生じず、またはお客様の希望する時期に解消されること
(g) お客様の特定の商業上の目的に適合すること、有用性、商用利用可能性、収益性
(h) お客様が本ソフトウェアを利用したことにより損害を被らないこと
(i) 本ソフトウェアの使用に関し、お客様のデータについて破損、損失または改変等が生じないこと
(j) 本ソフトウェアまたはその使用が、第三者の特許権、著作権その他知的財産権を侵害しないこと

本ソフトウェアについて本規約に明示的に保証が定められ、または法令に基づき何らかの保証が認められる場合であっても、これらの保証の違反に対するパブリックデザインの唯一の責任は、パブリックデザインの単独の裁量による判断で、以下のいずれかを行うことに限るものとします。
(a) 保証違反にかかるエラーまたは不適合(以下「当該不適合等」といいます)の修正版または回避策をお客様に提供するために商業的に合理的な努力を払うこと
(b) 将来提供する本ソフトウェアのリリース、アップグレードやサービスパックにおいて、当該不適合等が修正された本ソフトウェアを提供すること
(c)  これら前記各号に定める措置につき、パブリックデザインが、商業上合理的な観点から、合理的な期間内に実施不可能であると判断した場合は、本契約を終了させ、ライセンス料を払い戻すこと

保証の例外
本ソフトウェアにつき、本条に基づいて何らかの保証が適用されるときであっても、以下のいずれかの場合には、当該保証は適用されないものとし、かつパブリックデザインは一切の責任を負いません。

(a)パブリックデザイン以外の者によりなされた本ソフトウェアの改変、翻案、または他の変更
(b)本ソフトウェアを、仕様書、マニュアル、またはその他の文書・ドキュメント(以下「マニュアル等」といいます)に示された動作環境と異なるオペレーティングシステム、ミドルウェア、ハードウェア(周辺機器を含む)、ソフトウェアまたはネットワークなどの他の環境と組み合わせて使用すること
(c)お客様による事故、濫用、本規約もしくはマニュアル等に違反した使用、法令に違反する方法もしくは目的による使用、またはその他の不適切な使用
(d)無償提供または非商用の試用ベースの本ソフトウェア
(e)本ソフトウェアがお客様の他のハードウェア、またはオペレーティングシステム、ミドルウェアもしくは他のソフトウェアと互換性がない場合

責任の制限
7. パブリックデザイン、その役員、従業員、代理店または販売店(以下「パブリックデザイン等」といいます)は、本ソフトウェア等の使用または使用不能によってお客様または第三者に損害が発生した場合でも、損害賠償責任を含むいかなる責任も負いません。その損害には、(a)通常損害、(b)結果的損害、(c)偶発的損害、(d)間接的損害、(e)特別損害、(f)懲罰的損害、(g)逸失利益、ビジネスの中断もしくは他の事業上の機会の喪失、ならびに(h)情報またはデータの消失、損失もしくは改変が含まれます。また、パブリックデザイン等は、これら損害の発生の理由が、契約上の責任によるか、不法行為もしくは不当利得によるか、または他のいかなる理論に基づくかを問わず、責任を負うものではありません。ただし、パブリックデザインにおいて故意または重過失がある場合であって、当該故意または過失によりお客自身に直接生じた通常の損害についてはこの限りではありません。
パブリックデザインは、お客様が本ソフトウェアを法律に反したり、違法もしくは第三者に損害を与える目的もしくは方法で使用することによって、訴追または他の責任追及を受けた場合であっても、一切の責任を負うものではありません。

8. 前条もしくは本規約の他の規定にかかわらず、万一パブリックデザインが、本契約に関連してお客様に対して何らかの責任を負うとしても、パブリックデザインの総責任は、前条ただし書の場合も含めて例外なく、本ソフトウェアに関連して、本契約に基づいてお客様がパブリックデザインに現実に支払ったライセンス料の金額を上限とします。

製品サポートサービスの提供・同サービスで提供されたデータ使用への同意
9. パブリックデザインは、本ソフトウェアに関し、本ソフトウェアの購入後一定期間、お客様に対して無償アップデートその他の製品サポートサービス(以下「製品サポートサービス」といいます)を提供することがあります。製品サポートサービスの期間および内容は、パブリックデザインが定めるウェブサイト上で定めるとともに、予告なく随時変更されることがあります。ただしこの変更は、技術上または法律上やむを得ない理由がない限り、変更後に本ソフトウェアを購入したお客様に適用され、変更前にお客様が購入した本ソフトウェアに関する製品サポートサービスの内容に影響を与えるものではありません。

10. お客様は、製品サポートサービスの一部として、方法を問わず、パブリックデザインが収集した情報およびデータ(以下「収集データ」といいます)を、パブリックデザインが、本規約にしたがって使用する権利を有することを、無条件かつ不可逆的に承諾します。
また、パブリックデザインは、お客様の営業上の秘密情報もしくは個人情報が含まれない形で、収集データを加工、集計、分析もしくは解析した情報、データまたは意見(以下「フィードバック」といいます)を、パブリックデザインの意見として使用し、お客様に使用または関心のあるお客様に提供することができます。

11. 本条下で付与されたパブリックデザインの権利には、フィードバックを、本ソフトウェアの改良、他の製品の開発を含め、あらゆる方法で利用する権利、サブライセンスを付与する権利が含まれますが、これらに限定されません。
フィードバックは、お客様の秘密情報とはみなされません。 またフィードバックに関するすべての知的財産権は、パブリックデザインに帰属するものとします。

12. 製品サポート中に収集された収集データ
(a)パブリックデザインは、お客様に関する個人情報や金融機関情報を含む営業秘密を故意に収集しません。また、収集データにこれら個人情報または営業秘密が含まれていることが判明した場合、パブリックデザインは速やかにこれら個人情報または営業秘密を収集データから除去します。ただし、特定の注文、クライアント、ファイル、サーバーおよびストア構成に関する情報など、お客様のお問い合わせに直接関連する情報を除きます。
(b)パブリックデザインは、お客様のお問い合わせに関連している場合、特定の店舗の顧客、注文、製品の総量に関する情報を収集することがあります。
(c)テクニカルサポートで収集された収集データは、次の目的で使用されます。(i)今後のお問い合わせやその他のお客様に同様の問題が発生した場合のテクニカルサポートの強化。 (ii)パブリックデザインによる製品の品質向上を目的とした技術的問題の分析。ただし、本(c)の規定は、フィードバックに関するパブリックデザインの権利を妨げるものではありません。

13. パブリックデザインは、合理的な注意を払って、収集データ、お客様の登録情報、その他お客様から収集した情報を保護します。

14. 上記にかかわらず、パブリックデザインは、本規約の1つまたは複数の条項への違反の疑いや証拠がある場合には、お客様から入手した、またはお客様のWebサイトまたはサーバーに収集したすべての情報・データを、自分の裁量で収集し、保存管理し、使用する権利を持つものとします。

ソフトウェア使用監視

15. ソフトウェアがお客様によって使用されている限り、パブリックデザインはお客様に通知することなく、本ソフトウェアの使用を監視する権利を有します。

16. パブリックデザインが本ソフトウェアまたは関係著作物の全部または一部の無断使用、本規約に反した使用、複製、配布、公衆送信、その他の不正使用(以下これらを「不正使用等」といいます)を発見した場合、
お客様は、(i)不正使用等のうち、本ソフトウェアの本来の使用方法に反しないもの(例えば、本ソフトウェアが1台以上のMagentoにインストールされている場合など)については、不正使用等の行為ごとにライセンス料の3倍を損害賠償額の最低額としてパブリックデザインに支払うものとし、(ii)それ以外の不正使用等については、ソフトウェアのこのような不正使用等の行為ごとに60万円の違約金を損害賠償額の最低額として支払うものとします。 なお、(ii)に定める「それ以外の不正使用等」には、本ソフトウェアもしくはその一部を、そのままで、もしくは改変し、またはこれらをお客様のソフトウェアもしくは製品の一部として第三者に頒布、販売、譲渡またはライセンスすること、ならびにそのための複製行為が含まれるものとし、これらの行為については、第三者に頒布、販売、譲渡またはライセンスがなされた本ソフトウェアもしくはその一部の個数を「不正使用等の行為」の個数とみなすとともに、これらの個数にかかわらず最低額を500万円とします。また、パブリックデザインが当該最低額以上の費用または損害を被ったときは、お客様はこれらにつき、パブリックデザインに補償または賠償するものとします。

17. (本規約の改訂)
1パブリックデザインは、本規約につき、本規約に定める方法によってお客様に事前に告知をなした上で、パブリックデザインの判断でいつでも変更できるものとします。ただし、22条に定める登録連絡先として電子メールアドレスを登録していないお客様に対しては告知は要さないものとします。
2 変更後の本規約は、変更日後においてお客様が本ソフトウェアを使用した場合は、当社は、お客様が変更後の本規約に同意したものとみなし、変更後の本規約を適用するものとします。
お客様が変更後の本規約に同意できない場合、本ソフトウェアの使用を行うことなく、同意できない旨をパブリックデザインに対し書面で通知するものとします。この場合本契約はその時点で終了し、かつ、お客様が本ソフトウェアを購入後一切使用していなかったことを証明したときは、パブリックデザインは、お客様による本ソフトウェアのすべてのコピーの破棄と引き換えに、ライセンス料をお客様に返金します。

終了・解除
18. パブリックデザインは、お客様に対する6か月前以上の事前通知によって、独自の裁量で、理由を問わず、本契約を将来に向かって終了することができます。また万一、パブリックデザインが、本ソフトウェアまたはその一部につき、第三者から、知的財産権もしくは他の権利を侵害しているとの主張を受け、本ソフトウェアの提供もしくは使用の継続が不適切と判断する場合には、当該事前通知は1か月をもって足りるものとします。

前段落に加え、以下のいずれかの場合、パブリックデザインは、即時に本契約を解除することができます。
(a) お客様が本規約の条件を遵守しなかった場合
(b) お客様が関係著作物を含む本ソフトウェアの全部または一部について、パブリックデザインの知的財産権を侵害し、もしくはそのおそれのある行為を行い、または知的財産権のパブリックデザインへの帰属につき争った場合
(c) お客様が、第三者と合併し、または第三者に主要な事業を譲渡したときであって、当該第三者がパブリックデザインと競合関係にある場合
(d) お客様が、パブリックデザインの名誉もしくは業務上の信用を低下させる言動を公表し、または不特定多数に対して述べた場合

本契約が終了し、または解除された場合、お客様は本ソフトウェアの使用をただちに停止し、本契約に基づいて提供される本ソフトウェアのすべてのコピーを破棄しなければなりません。本契約の終了または解除によって、パブリックデザインは、ライセンス料またはその他本契約に基づいてお客様から受け取った金額の返金の義務を負いません。

19. お客様は、本ソフトウェアのすべてのコピーを破棄することにより、いつでも本契約を終了する権利を有します。

20. (余後効)
お客様がパブリックデザインに金銭的義務を負う場合は、本契約の満了、解除または終了後であっても存続します。また、本契約の満了、解除または終了後も、本規約の4条から16条、17条2項、18条3段落目、20条から22条、24条から27条の規定の効力は存続するものとします。

21. (準拠法及び合意管轄)
本契約、本規約および本ソフトウェア等(以下「本契約等」といいます)に関連したパブリックデザインとお客様との法律関係(不法行為、不当利得、知的財産権侵害を含みます)の準拠法は日本法とし、本契約等に関して紛争が生じた場合、訴額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。ただし、お客様の所在国または財産が存在する国が、日本の裁判所の判決を承認する制度がない場合、日本商事仲裁協会の仲裁規則に従い、1名の仲裁人による東京での仲裁を申し立て、同仲裁によって解決するものとします。

その他
22. 通知・連絡
本契約に基づくパブリックデザインからお客様への通知・連絡は、本ソフトウェアの購入時に登録されたお客様の住所、電子メールアドレス、もしくはファクシミリ番号(以下「登録連絡先」といいます)への送付もしくは送信により行います。お客様が後日、書面、電子メールもしくはパブリックデザインが定めるウェブサイト上の手続で、登録連絡先を変更した場合には、変更後の登録連絡先に通知・連絡を行います。

パブリックデザインからお客様への通知・連絡は、登録連絡先に対して書面、電子メールまたはファクシミリを発信した時点で効力を生じるものとします。またパブリックデザインは、お客様の使用言語にかかわらず、お客様への通知・連絡を日本語で行うことができるものとします。

23. 不可抗力
パブリックデザインは、天災地変(台風、竜巻、大地震、津波、高潮を含みます)、疫病の蔓延、戦争もしくは事実上の戦争状態、暴動、内乱、延焼による火災、洪水、爆発、法令の改廃制定、公権力の介入、ストライキその他の労働争議、輸送機関の事故、通信回線もしくは他のネットワーク環境の障害、サーバーその他の機器の障害、長期の停電、電力もしくはエネルギーの不足(一時的なものを除く)、その他パブリックデザインの責めに帰すべからざる事由より本契約に基づく義務の履行をすることができない場合には、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

24. 一部無効
裁判所または他の判断機関が、本規約中のいずれかの規定を無効な事項と解釈した場合であっても、当該部分についてのみその効力を失うものとし、本規約のその余の規定の効力には影響しないものとします。

25. 権利の不放棄
一方当事者が他方当事者に対して、本契約に基づく権利の行使を遅延させたからといって、または権利の行使を控えたからといって、当該権利を放棄したものとみなされることはありません。また、明示的に権利放棄の権限を与えられた代理人が権利放棄もしくはこれに類する言動を行っても、権利放棄とみなされません。 また、一方当事者が他方当事者に対して、本契約に対する何かの違反につき権利行使を放棄したとしても、他方当事者による他の違反(同様の理由による他の違反を含む)に対する権利の放棄があったとみなされるものではありません。

26. 完全合意
本規約は、本契約に関するパブリックデザインとお客様との間の最終的な合意を規定したものです。本規約のいずれかの規定に関し、パブリックデザインとお客様との間で、文書または口頭で、これと齟齬するやり取り、交渉もしくは合意があったとしても、本規約の規定が常に優先するものとします。 お客様は、本規約に明示されていない保証、約束もしくは理解を前提に本契約を締結したものではなく、かつ、本規約の規定に矛盾する保証、約束もしくは理解を前提として、本契約を締結したものでもないことを認めます。

27. 委託・譲渡
パブリックデザインは、本契約に基づくサービスの提供または義務の履行もしくは権利の行使につき、第三者に委託または再委託を行うことができるものとします。
パブリックデザインは、事業譲渡その他の事業再編を目的として、本契約の地位ならびに本契約上の権利義務を包括して第三者に移転させることができるものとします。

以上
最終更新日:2017年9月20日